乾燥肌の人に向いたクレンジング剤とは - 乾燥肌におすすめのクレンジングの種類

乾燥肌の人に向いたクレンジング剤とは

subpage01

乾燥肌の人は皮膚バリア機能が低下していて、ささいな刺激でも赤みやかゆみなどの反応が出やすくなっています。

クレンジングの乾燥肌の情報をお知らせします。

肌に直接つける化粧品には注意が必要です。
クレンジング剤や洗浄剤は必要な皮脂まで顔から取り除き、内部に保持している潤いを流出させて乾燥肌を悪化させる可能性がありますので、特に慎重に選ぶ必要があります。

クレンジングにはオイル、ミルクやクリーム、ローションなどさまざまなタイプがありますが、この中でも乾燥肌や敏感肌の人が避けた方がいいのはオイルタイプのクレンジング剤です。
オイルタイプは洗浄力が高いため、非常にすっきりとメイクを落とせます。
ところがメイクだけでなく、皮脂や潤いまでごっそりとりのぞくことがあります。


保湿成分を配合してカバーしているものもありますが、基本的に乾燥している肌には刺激が強すぎるでしょう。


とはいえ、がっちり濃いメイクをしているときは、クリームタイプやジェルタイプなどのクレンジング剤では落としきれないことがあります。



メイクが肌に残るとそれも肌トラブルのもとになります。そこでおすすめなのは、アイメイクやリップメイクなどのピンポイントだけにオイルタイプを使用し、他の部分はソフトな洗浄力のクレンジング剤を使うという方法です。



肌に摩擦などの刺激を起こしにくく、敏感肌でも安心して使える可能性が高いのはクリームタイプのものです。

拭き取りタイプと洗い流しタイプがありますが、拭き取りタイプを使う時は、肌をこすらないようだけ注意しましょう。