財布から見えるライフスタイル

財布と携帯電話、この二つは私たちが毎日持ち歩くものの中では、絶対に欠かせないアイテムとなっています。自分の身の周りに置いておく時間が長いアイテムだからこそ、お気に入りのデザインを探したり、こだわりを強く持ったりします。財布は自分の手に合うサイズか、素材の質感はしっくりくるか、カード入れなどの機能的な面はどうなのか、ピンとくる一つに出会えるまで探し続けるのも、ちょっと楽しかったりします。中には使えればいいという人もいるかもしれませんが、それもまた個性の一つと言えます。

人が持っている財布を見れば見るほど、好みやライフスタイル、時には性格までチラリと見えたりします。まず、色やブランド、デザインからはファッションの好みを知る上で、非常に分かりやすい項目です。次に、形は長財布か二つ折りか、などによってライフスタイルの一部が見えます。会社経営者で二つ折りタイプを使用している人は少ないです。

二つ折りを使用しない理由の一つに、お札を折らなくてはいけない、折り目が付いてしまうという点が上げられます。新札しか持ち歩かないと決めている人も少なくない為、人気のタイプとなっています。最後は開けたときに、その人の性格やお金に対する価値観などが見えてきます。これは、中に入っている金額の問題ではありません。

例えば、ポイントカードがたくさん入っているとか、レシートやコインでパンパンになっているとか、そういった管理面でのことです。キャッシュカードも、メインバンク以外でポケットがいっぱいになっていないかどうか、こういった面でも見えてきます。レシートやコイン、使わないカード類で一杯になっていると、自分の収支が見えにくくなります。またコインがたくさん入っているというのは、金額が少額の為、遣っているという感覚が鈍りムダ遣いが増える原因ともなります。

大容量が悪いわけではありませんが、本当に必要かよく考えて選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *