通販が発達してきたのは

通販をする時にはいろいろな所から頼めるのですが、カタログ通販、新聞や雑誌からや、ダイレクトメールによるもの、テレビやラジオからのもの、そしてインターネットなど、様々なものがあります。

このように発達して発展してきた通販ですが、最初と言われているのはアメリカでのカタログ販売だったと言われています。それが発展したきたのはまず人口が増えたことが第一に考えられます。アメリカでは農村への販売が主だったのですが、農業の方法も改善され収穫も増えて、収入も増えていったのです。そこには人口も増えていくのです。そうするとインフラの整備も次第に進み、鉄道が敷かれ都会から農村への物流が多くなっていったのです。

そこに配達制度が確立されて、農村の都市化や都市で流行しているものがカタログに掲載されているものが人気になっていきました。そこに工業の振興で大量の品物が作られるようになり、ますます農村において通販で購入されるのが多くなったのです。もちろん小売をする店は存在していましたが、それには高い値段が付けられており、消費者が不便な土地がら、それを受け入れていたのですが、だんだんと不満を持ち始めていたのでした。その時に工業の発展、鉄道や郵便などが整備されて通販が多くの人々に受け入れられたのです。日本で初めてその販売方法がとられたのはアメリカに渡っていた人物がそこで、出会った販売方法がきっかけとなりました。今日ではなくてはならない存在になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *